長府庭園は長府毛利藩の家老格であった西運長(にしゆきなが)の屋敷跡で小高い山を背にした約31,000平米の敷地には、池を中心に書院・茶屋・あずまやが配置。

また、中国の革命家、孫文が下関市長府の実業家 田中隆氏に支援を受けたお礼として中国の古代蓮の種を贈ったのが始まりとされる孫文蓮の花も見どころ。

長府毛利邸は、長府毛利家第14代当主・毛利元敏公により明治36年(1903)に完成した邸宅です。
 明治35年には、明治天皇がご宿泊され、一部の部屋は当時のまま残されている。