暮らし

1.城下町長府の学校と子供たち

​下関市立豊浦小学校

広い敷地と、140年以上の歴史

豊浦小学校は、下記の沿革にあるように、古い歴史を持っています。豊浦ブランドと言われるほど、定評のある校風で、入学希望者が多く、生徒数も多い小学校です。城下町長府の中を通って元気に子供たちが通学しています。

開校の起源は、1792年寛政4年)に長府藩によって開校した「敬業館」と、1864年元治元年)長府藩士によって開校した「集童場」が起源と言われている。 (敬業館は別に、県立豊浦中学校となり、現在の山口県立豊浦高等学校にもなっている)

  • 1871年明治4年) - 豊浦小学(敬業館小学部)開校。

  • 1902年(明治35年)11月9日 - 明治天皇臨校。毛利家より鳳輦を授かり、記念として「鳳輦の松」を植える。

  • 1906年(明治39年)4月 - 校訓歌制定。

  • 1908年(明治41年)6月16日 - 乃木希典臨校。

​山口県立豊浦高等学校

寛政4年(1792)5月 - 長府藩毛利匡芳、長府侍町に藩校敬業館を設立
元治元年(1864)3月 - 藩士熊野直介が中心となり、集堂場を設立し、広く弟子の教育にあたる
慶応1年(1864)2月 - 集童場敬業館を吸収合併
明治5年(1872)2月 - 旧豊浦県の敬業館を小学と改称
明治8年(1875)   - 私立豊浦学舎を長府侍町元御客屋敷に創設
明治12年(1879)10月 - 豊浦藩士族を中心にして[私立豊浦学舎ヲ公立中学校ト為ス条約書]を締結

​明治時代の豊浦小学校

豊浦高等学校も長府藩士族の教育に創設された藩校の歴史を持ち、校舎の周囲は白壁が囲んでいます。以前は男子校でしたが、現在は男女共学の進学校です。

​山口県立長府高等学校

​大正10年 理科の実習風景

​長府高等学校も明治創立の歴史を持ち、大正時代の袴姿から、初めての洋装のモダンな制服姿まで、多くの女生徒が学んできました。

明治 33年女子補習学校

37年6月豊浦女子実業補習学校

43年7月豊浦郡立豊浦女学校設置認可、校舎建築着工

44年4月豊浦郡立豊浦女学校創立、新校舎落成

大正 2年4月豊浦郡立豊浦高等女学校と組織変更

4年5月理科教室および寄宿舎新築

8年10月校歌制定

9年10月校旗・校章制定

12年2月校舎・講堂・運動場・寄宿舎等拡充事業完了

12年4月山口県立長府高等女学校と改称。制服を洋服に改制

下関市立長府中学校

城下町長府の真ん中にある長府中学校は、長府毛利邸の敷地続きに位置しています

​校門からずっと、土塀が続きます。

  • 正門外壁は城下町の風景を壊さないために土塀を使用している。

  • 1947年(昭和22年)5月1日 下関市立長府中学校 開校。